水素水の基礎知識

水素水について正しい知識をもちましょう

水素水について正しい知識をもちましょう
水素水ブームが続いています。

 

水素水ブームの中で、飲んでみたら効果があったようなので、愛飲しているけれど、「水素の入った水」とは、知っているけれど詳しいことは、ちょっとわからないという方に、水素についての基礎知識を紹介していきます。

 

ともすると「水素は怪しい」と言われますが、インチキな商品にはだまされないようにしてください。
そのためにも、水素について少し知識をもって、インチキ商品と本物の商品の区別がつけることができるようになる方がいいです。

 

「水素」がややこしくなっているのは、太田成男教授が論文を発表される前から、「活性水素水」というものがあったこと、その流れの上に、水素水商品が販売されていること。
さらにアルカリイオン整水器からも水素が生成されているので、アルカリ水素水整水器と言われていること。

 

さらに水素医学の研究がアルカリイオン整水器の会社とも共同研究して進められていること、そのため線引きができるようで、できなくて、わかりづらくなっています。

 

水素水の基礎知識記事一覧

水素水は濃ければいい?| 水素水オタク主婦

ppmとppbの違い水素水の中にどれだけの水素が含まれているか、その濃度をあらわしているかが溶存水素量です。その単位にはppm、ppbが使われます。パーセントという単位は、ppc、正確にはpart per cent のことで、100分の1を表します。ppm、ppbも同じことで、それぞれ part p...

≫続きを読む

 

活性水素水と水素水は違う?| 水素水オタク主婦

活性水素水とは、「活性水素」が溶けているとという水の呼び名です。健康関連商品の販売のために使われている擬似科学・造語であり、科学的な用語ではありません。この「活性水素」は、原子「H」をさします。1997年、九州大学白畑實隆教授の研究から「水素水」という言葉が生まれました。白畑教授は、「体内の活性酸素...

≫続きを読む

 

「ナノバブル」とは | 水素水オタク主婦

「ナノバブル」と謳っている水素水製品が販売されています。ナノバブルとは水中に溶解する水素の気泡(バブル)を、特殊な技術によって極微小(ナノレベル)にしたものです。ナノとは、基礎となる単位の10-9倍(=十億分の一、0.000 000 001倍)の量であることを示します。ナノバブル(nano bubb...

≫続きを読む

 

酸化還元電位とは | 水素水オタク主婦

水素水について調べていると、「酸化還元電位」という言葉が良くでてきます。この酸化還元電位という数値数値は何をあらわすのでしょうか?酸化還元電位とは、(Oxidation-Reduction Potentialの略号でORPと呼ばれます)物質の電子の放出しやすさ、あるいは受け取りやすさを定量的に評価す...

≫続きを読む

 

アルカリイオン水と水素水は違う | 水素オタク主婦

水素水サーバーの購入を検討していると、アルカリイオン整水器にであいます。水素水を生成するので同じ視点でとらえる方もいますが、基本的には異なるもので、実際は区別して考えるものです。アルカリイオン整水器は、アルカリイオン水を飲む目的のもので水素が少量発生していますが、水素水を飲むことを目的とした機械では...

≫続きを読む

 

日本分子状水素医学生物学会について 水素水オタク主婦

「分子状水素医学シンポジウム」が「一般社団法人日本分子状水素医学生物学会」に移行され発足されました。今まで『分子状水素と健康』についての研究者が、それぞれの研究の発展と応用の実現のために、「分子状水素医学シンポジウム」という研究会を組織し、5回のシンポジウムを2015年まで毎年開催されていました。現...

≫続きを読む

 

2016年の水素水についての見解

水素水の効果効能についての懐疑的な報道やバッシング記事が相次いでいる中、国立健康・栄養研究所は水素水を「有効性に信頼できる十分なデータが見当たらない」とデータベースに記載しました。そのことでさらに「水素水に効果がない」という論争が加速していますが、実際はどうなのでしょうか?「有効性に信頼できる十分な...

≫続きを読む

 

海外の水素水の状況とは?

水素水や水素の臨床試験・研究は、日本にとどまらず、アメリカ・中国をはじめとする世界の研究機関・大学・政府機関などで実施され、随時論文発表が行われています。「水素水とサビない体」(太田成男著 2013/11/30発刊)では、2007年の論文発表後からアメリカの医師が水素の将来性を信じて水素事業に参入し...

≫続きを読む

 
スポンサーリンク